番外15回【山の日】

 季語になるであろう日のことである。国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律
(平成二六年法律第四三号)が施行されて、平成二八(二〇一六)年から、八月一一日は、
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として、国民の祝日の一つの「山の
日」となった。
 この法律の第三条には、国民の祝日は休日とするとあり、さらにそれが日曜日に当たる
ときは、その日後においてその日に最も近い国民の祝日でない日を休日とするとある。こ
れはわかる条文であるが、その次の第三項、「その前日及び翌日が「国民の祝日」である
日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする」というのが難しい。つまり、前
日と翌日の両方が「国民の祝日」でそれらに挟まれた平日は休日となるのである。これは
数年に一度、不定期に現れる。二〇一五年の敬老の日は九月二一(月曜日)、秋分の日は
九月二三日(水曜日)、したがってその間の二二日は休日となった。
 国民の祝日「山の日」を制定することを求めてきたのは、日本山岳会、すでに「山の
日」を制定していた長野県などの地方自治体、自然保護団体などであった。
 この法律は二〇一四年に決まったが、この年の二月にはすでに二〇一五年のカレンダー
ができているので、山の日は二〇一六年から実現することになった。明治に突然改暦して
大混乱というような事態は、今回はなかった。



番外14回【朝凪】【夕凪】

 海岸地域で、夜の陸風から昼の海風へ変わる時、陸側と海側の大気が同じ温度になって
風が止まるのが朝凪である。逆に昼から夜へ変わる時、蒸し暑くなって風が止まるのが夕
凪である。気象庁で風力〇というのは風速毎秒〇・〇ないし〇・二メートルで、この時が
凪である。海岸地域でも、特に瀬戸内海のように山に囲まれている海では長い時間続く。
 湖や池の周辺でも湖風という風があり、琵琶湖くらいの面積になると湖風と陸風の循環
があることが確認されている。
 陸は暖まりやすく冷えやすい一方、海は暖まりにくく冷えにくいので、昼は陸にある空
気が海にある空気よりも速く暖められ、密度が低くなって浮力を受け上昇気流を生じる。
地表付近では海から陸へ海風が吹き、上空で陸から海へ風が吹く。これを海風反流という。
このような風の循環は海風循環と呼ばれる。夜、日射が無くなると逆のことが起きて、上
空では海から陸へ陸風反流が吹き、このような風の循環は陸風循環と呼ばれる。これらが
入れ替わるときが凪である。
 凪は時化に対して反対語である。梛木の葉は凪に通じるので時化を嫌う船乗りの間では
お守りにされている。
 凪、凩、凧などは国字である。中国語には渟(テイ)、穏(オン)、止(シ)、鎮(チ
ン)などの字があるが、風が止まるのを一字では表せない。凪は海に囲まれた日本列島に
特有の現象で中国大陸には見られないのである。

番外13回【沖縄忌】 慰霊の日

 一九四五年六月二三日、沖縄は日米最後の決戦地とされ、多くの市民が犠牲になり、沖
縄の日本軍は壊滅した。一九六二年から、この日、沖縄全戦没者慰霊祭が行なわれ、沖縄
戦犠牲者の遺族や子孫などが集まり、正午に黙禱を捧げている。
 この日、沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、琉球政府と沖縄県が「慰霊の
日」を住民の祝祭日に関する立法に基づいて公休日と定めた。一九七二年、日本に復帰後、
「慰霊の日」は、日本の法律による休日としての法的根拠を失った。一九九一年、沖縄県
が条例で六月二三日の「慰霊の日」を休日と定め、国の機関以外の役所や学校などが休み
となった。
 島田牙城氏は、『里』(二〇一三年九月号)で、忌とは何かというテーマで、忌日のこ
とを論じている。忌日は、ある人の死後、その人に尊敬の念をもつて寄り添いたいと願う
大切な「個人の命日」である。「広島忌」「長崎忌」と言っても広島や長崎の命日ではな
い。多くの市民が殺された命日なのである。事件、事故、天災に忌を用いるのは誤用で、
流布しているにしても、今後使うことはないという意を書いた。
 この考えに従うかどうかは別だが、沖縄では梅雨の蒸し暑い日が続いた後、六月二三日
ごろ梅雨が明けて、青い空と青い海になる。この「六月二三日」を詠むことで、沖縄の人
の思いを伝えることが可能かもしれない。

番外12回【三寒四温】 三寒 四温 四温日和

 大陸性気候の厳寒の頃の特徴として、中国の東北地区や朝鮮半島の北部で言われる言葉
である。三日間厳しく寒い日が続いたあと、四日間寒さが少しゆるくなるという現象を表
現した言葉であり、季語としては厳寒の時期の季語だと覚えておく方がいい。
 三寒の日は晴れ、四温の日は天気が悪いのが一般的と言える。シベリア高気圧の強さが
七日周期で変動することによるが、日本列島まで来るとシベリア高気圧の変化だけでなく
太平洋高気圧の影響もあり、七日周期ははっきりしなくなる。よく説明で言われているよ
うな、春先に三日寒く四日温かい、というような変化は、日本列島の気象のデータからは
ほとんど見られない。気象庁の気象用語にも、三寒四温という言葉は採用されていない。
 日本列島では、真冬の三寒四温は明瞭でないが、春先になって四日周期の気温変動が見
られる。移動性高気圧が通過して気温が上昇するのが一日目、低気圧が来て雨となるのが
二日目、三日目は晴れて西風が吹いて寒くなり、四日目には移動性高気圧が近づいて気温
が上がる。
 この春先の寒暖の変化を三寒四温という文例も、時代とともに増えてはいるが、例えば
広辞苑などでは、その例をまだ採用していない。やはり三寒四温は歳時記でも冬の季語と
されている。

番外11回【春雷】 春の雷 初雷 虫出し

 春に鳴る雷は夏の雷と異なり単発のものが多い。立春の後の初めての雷は初雷と呼ぶ。
啓蟄の頃の気圧が不安定な気象条件の時に見られる現象なので、虫出しの雷、あるいは単
に虫出しと呼ぶ。雹を降らせることがたまにあるが、夏の雷のような激しさは起こらない。
 春は前線をともなった低気圧が日本付近を頻繁に通過する。さらに大陸からの冷たい気
流が南下して、低気圧に伴う暖かい気流と合流すると、低気圧の急速な発達、あるいは前
線活動の活発化が起こる。
 春の雷は活動の活発な寒冷前線に伴う雲の中で発生する。風が強まり地上付近の気温が
低いために、雹が降ることがある。
 本州付近が移動性高気圧に覆われると、広い範囲で晴となるが、春は日本列島の上空の
偏西風が強いために移動速度が速く、何日も覆われることはあまりない。このため、春の
晴天は三日と続かず、天候の変化が早い。「春に三日の晴れなし」と言われる。
 五月になると雹が降りやすくなる。雹は直径五ミリメートル以上の、氷の粒が大きくな
った塊である。積乱雲の中で、上昇したり下降したりを繰り返して成長し、ある程度大き
くなると重さで落下し、農作物やビニールハウスに被害が及ぶ。冬は気温が低く、氷の粒
が直径五ミリ未満で霰になる。ちなみに、雹は夏の季語、霰は冬の季語である。

番外10回【捕鯨】 勇魚取 捕鯨船

 鯨が冬の季語であり、捕鯨も冬の生活の季語である。縄文時代から日本では鯨を利用し
ていた。江戸時代の初めからは組織的な捕鯨が、紀州、土佐、長門、肥前などで行われた。
 例えば土佐では江戸前期の慶安四(一六五一)年、土佐藩安芸郡の代官であった尾池義
左衛門の報によって、尾張から尾池四郎右衛門(政次)が鯨船六隻を率いて土佐に入り、
藩主の許可のもとに津呂と幡多郡佐賀に漁場を設け、尾池組を組織して冬春交代で捕鯨を
行ったと、郷土史家の平尾道雄さんが『土佐藩漁業経済史』に記している。私は小学校の
頃、この平尾道雄さんの隣に住んでいて、ときどき話を聞いた。
 近代では船団による南氷洋捕鯨が行われた。現在、調査捕鯨と沿岸の小型鯨の捕鯨とが
行われている。
 ヨーロッパでは、紀元前約二二〇〇年頃の石器時代の捕鯨の壁画があり歴史が古い。英
国には現在でも有効な法律があり、海岸で鯨の死骸が発見されると頭部は国王の、尾部は
女王のものになる。
 ノルウェーは商業目的で捕獲できる鯨の数を独自に設定しいる。アイスランドの捕鯨船
は絶滅危惧種の長須鯨やミンク鯨を捕る。カナダ、フィリピン、トンガなどのように国際
捕鯨委員会に非加盟の国もある。また、アメリカ、ロシア、デンマークなど先住民生存捕
鯨国もある。

番外9回【鯨】 勇魚(ルビ=いさな)

 鯨は哺乳類であり小型のものを海豚と呼ぶ。白長須鯨は体長二五メートル、現存の動物
で最大である。長須鯨、鰯鯨、座頭鯨などがある。抹香鯨は十数メートルの大きさで、腸
の結石から竜涎香(ルビ=りゆうぜんこう)という香料を採取していた。
 鯨類の利用は多岐にわたる。鯨油は特に工業技術の立役者であり、宇宙船は鯨の脳みそ
から採った最高品質の不凍油を使い、宇宙空間でロボットアームなどにも使ったという説
が伝わっているが、最近では使っていないとNASAが説明しているようだ。
 鯨肉も重要な用途である。部位の呼び名が豊富で、それぞれにさまざまの調理法がある。
鯨は魚とされていたから日本でも魚肉と位置づけられて古くから食用とされてきた。
 日本人だけでなく昔、英国のヘンリー六世と七世は鯨が大好物で、鯨肉は王侯貴族の高
級食材であった。英国の古い法律用語でも鯨類をロイヤルフィッシュと言った。エスキモ
ーには鯨肉食文化があり、国際捕鯨委員会で先住民生存捕鯨が認められている。皮下脂肪
付きのマクタックを口の中で噛み続ける。
 赤身は低脂肪、髙タンパクで鉄分が多い。絶食状態でも長距離を泳ぐことのできる鯨の
肉には、きっと素晴らしい成分があるにちがいない。

番外8回【八朔】

 旧暦八月朔日である。秋分の日が旧暦八月であり、早いと八朔は秋分の二九日前、遅い
ときは秋分の日となる。早稲の穂が実り、農家では「田の実の節句」と呼んで初穂を贈る。
それに由来して「頼みの人」に感謝する意味から贈り物をする習慣が武家や公家にもあっ
た。また、徳川家康が天正一八年八月一日に初めて江戸城に入城した日でもあり、江戸時
代、武家では元日に次いで大切な記念日だった。
 夏井いつきさんの『続絶滅寸前季語辞典』にも掲載されていて、漁村で育った夏井さん
が農家に来て八朔の行事に出会ったが、農家で暮らせたのも歳時記のおかげだったと書い
ている。
 八朔祭は全国にあり、熊本県山都町浜町の巨大な「造り物」が毎年全国ニュースになる。
京都の祇園では、新暦八月一日に芸妓や舞妓がお茶屋や師匠に挨拶廻りをするのでカメラ
が並ぶ。
 氷室俳句会で吟行地を下見するため、今年九月六日に松尾大社を訪問したときが八朔の
祭だった。祭は九月第一日曜日に行なわれ、前夜に京都で最後の盆踊り、当日には赤ちゃ
んの土俵入りがある相撲、女御輿、酒樽の子供御輿、無形文化財の六斎念仏踊などがある。
訪ねたとき女御輿は出発していたが、境内に店が並び、人びとが慌ただしく行き来して賑
わっていた。

番外7回【猿酒】 ましら酒

 昔からの言い伝えでは、山中の猿が、樹木の空洞や岩穴に木の実を蓄え、やがて発酵し
た酒と言われるが、実際に見た人は少ない。
 歳時記には、新酒、今年酒、濁り酒、どぶろく、古酒などとともに秋の生活の項に並ぶ。
今では、三〇年ものの大吟醸の古酒などもあり、そのふくよかな味わいは名句の登場を待
つ。
 京都大学霊長類研究所では、アフリカのギニアでチンパンジーの研究を続けており、や
さしい読み物もウェブサイトに連載されている。その研究所から興味深い研究成果が二〇
一五年六月に発表された。ギニアのボッソウ村の人たちが椰子の木に傷をつけて得た樹液
を自然に発酵させて造った酒を、野生のチンパンジーが、二〇回も飲むのを観察して、そ
の結果を論文にまとめた。野生動物が習慣的に飲酒することが初めて確認されたのである。
 霊長類研究所の松沢哲郎さんは、チンパンジーは人の仲間で猿とは違うと言いながら、
チンパンジーを数えるときには「人」で数える。チンパンジーが酔ったかどうか分からな
いが、中年の雌が気持ちよさそうに歩いて去ったと、松沢さんは語った。ちなみに椰子の
酒を飲んでいたのは、六歳を含む、延べ五一人のチンパンジーだったという。

番外6回【紫陽花】 あぢさゐ 四葩 七変化

 ユキノシタ科の落葉低木の花である。額紫陽花を原形とする日本原産種である。花びら
に見える萼の中に粒状の花をつける。
 まず、紫陽花について知っておかなければならないことは、有毒植物であるということ
である。
 原種の額紫陽花は、伊豆半島、足摺岬、南硫黄島などで海岸に自生する。高さは四メー
トルに達することもある。種子ができるのはまれで、挿し木や株分けで増やす。日本から
中国へ伝わり、一八世紀にヨーロッパへ伝わり、園芸品種がたくさん作られた。シーボル
トがオタクサと命名したと紹介されているが、学名としては使われていない。
 季語で紫陽花と書く名前の標記は、白楽天の造語と言われているが、それについては、
牧野富太郎が『植物一日一題』に次のように書いている。
「私はこれまで数度にわたって、アジサイが紫陽花ではないこと、また燕子花がカキツバ
タでないことについて世人に教えてきた(中略)そして俳人、歌人、生花の人などは真っ
先きに猛省せねばならぬはずだ」「元来アジサイは日本固有産のガクアジサイを親として
それから出た花で断じて中国の植物ではないから、これが白楽天の詩にある道理がないで
はないか」「そしてこのアジサイを日本の花であると初めて公々然と世に発表したのは私
であった。すなわちそれは植物学上から考察して帰納した結果である」
 俳句では植物名を漢字で書くよう心がけるが、漢字名の由来を調べていくと、複雑な歴
史があって、真相がわからなくなることがある。紫陽花の名もそのような歴史を持つ一つ
なのであろう。

番外5回【祇園祭】

 祇園祭の元となった祇園御霊会の起源は、貞観一一年である。全国に流行した疫病が、
素戔鳴尊の祟りであるとして、勅命により、六月七日、全国の国の数である六六本の鉾を
立てた。六月一四日、洛中の男児が神輿を奉じて神泉苑に集まって御霊会を修した。今の
還幸祭は、この六月一四日の、神泉苑に神輿を送ったことを起源としている。祇園祭は神
幸祭と還幸祭の神輿渡御に本質がある。
 同じ年、東北地方に巨大地震があり、大津波による災害があった。祇園祭と貞観の大津
波との時間的な関係から、両者に深い関連があったという考え方が成り立つ。当時、形を
整えた街を構成する地域は、京、東北の多賀城、九州の大宰府だけであったから、多賀城
の被害は京にも大きな影響を及ぼしたにちがいない。
 まず、史実を時間順に並べてみることから始めたい。貞観一一年五月二六日(グレゴリ
オ暦七月一三日)、陸奥国東方沖の海底を震源域とする巨大地震が発生し、津波による甚
大な被害があった。その前後、日本列島は大地震と火山の噴火が続く、大地の活動期であ
った。その歴史は、日本の正史『六国史』の六番目、『日本三代実録』にある。
 八五〇年、出羽国地震、八六三年 越中越後地震、八六四年富士山噴火、八六四年阿蘇
山噴火、八六七年鶴見岳、阿蘇山噴火、八六八年山崎断層地震、そしてこの八六九年貞観
地震である。
 さらに続いて、八七一年鳥海山噴火、八七四年開聞岳噴火、八七八年相模武蔵地震、八
八〇年出雲地震、八八七年には、南海トラフで仁和の巨大地震が起こり、八九三年、白頭
山が噴火して東北から北海道にまで降灰があった。
 ところで、貞観地震と御霊会の時間的な関連である。貞観一一年五月は小の月だから、
鉾を立てた貞観一一年六月七日は貞観地震から一〇日目になる。京と緊密な関係にあった
多賀城は、「京を去ること一千五百里」とあるから、おそらくは五日くらいで知らせが到
着したであろうと思われる。陸奥国で起きた災害を知った朝廷は、御霊会の勅令を発する
ことができたのである。
 牛頭天皇はどうやら地震と縁が深いようである。祇園祭の前年に起こった山崎断層の地
震で、播磨諸郡の官舎や諸寺の堂塔が崩れ、京都でも被害があった。その後、牛頭天王が
姫路(兵庫県)の広峯神社から京都に迎えられた。一方、貞観地震の翌年、名取(宮城
県)の清水峯神社に、広峯神社から、また牛頭天王が移された。偶然にしては、いささか
できすぎている。
 ところで、現在の祇園祭の日付は、さまざまの変遷を経て決まったようである。旧暦明
治五年一二月二日、翌日を新暦六年一月一日とすると、突然に決められた。それは、明治
政府では役人の報酬が月給で定められており、旧暦の明治六年は閏月があって一三回の月
給を払う必要があることに政府が気づいたからである。祇園祭の日付はその余波を受けて、
かなり乱れてしまった。旧暦六月七日、一四日の祇園祭は、明治六年以後、かなりばらば
らに行われ、明治二一年からは、七月一七日と二四日になった。
 ついでながら、貞観地震の時代の地震や噴火の歴史が記録された『三代実録』を編修し
たのは、菅原道真たちであった。菅原道真は、貞観二年に一五歳で元服、一八歳で文章生
試験に合格、貞観九年、文章生中で特に優秀な文章得業生となり、方略試(議政官資格試
験)を受ける資格を与えられたという。方略試受験は、三年後の貞観一二年に行われ、
「氏族を明らかにせよ」という問題と「地震を弁ぜよ」という問題が出された。大学者の
都良香による採点で「中の上」という成績により及第した。
 このような、国の最上級職を争う人たちのための試験問題から見ても、試験の前年に貞
観地震が発生するまでの日本列島で、地震や噴火がたいへん目立つ現象として認識されて
いた状況が、十分に伝わってくると思う。

番外4回【夏の潮】【青葉】【初鰹】【鰹】

【夏の潮】 夏潮 青葉潮
 青葉のころの黒潮のことを夏潮とか青葉潮と呼ぶ。
【青葉】 青葉寒 青葉冷 青葉時雨
 若葉と同じく樹木の緑が深まる季節。青葉時雨は雨の上がった後の雫が落ちてくる様子
をとくに指す。
【初鰹】
 夏潮に乗って鰹が北上して、遠州灘から伊豆を廻る頃、脂が乗って美味い。初物好きの
江戸っ子が手に入れて自慢する。一八一二年、中村歌右衛門は初鰹を一本三両で購入した
という記録が残っている。
 初鰹は港によって時期がずれる。食品業界では高知県の初鰹の時期で毎年の初鰹と決め
る。生きた片口鰯を餌にして釣るが、高知の鰹漁は疑似餌の一本釣りで豪快である。
【鰹】 松魚 鰹釣 鰹船
 鰹は黒潮と親潮が出会う三陸沖まで北上し、秋、親潮の勢いが強くなるとともに南下す
る。戻り鰹と呼ばれ低い水温で脂が乗ると秋の味である。
 鰹は、この一種だけでカツオ属 (Katsuwonus)を構成するのが特徴である。鰹は死ぬと
縦縞が出るが、絵にはよくこの縦縞が描かれている。
 時速六〇キロで泳ぎ回る鰹は、優れた蛋白質を持ち、レバーに匹敵するビタミン類があ
る。DHAを多く含むから、脳細胞の学習能力を高める効果がある。

番外3回【酢茎】

 『角川合本俳句歳時記第四版』には主題の表記がこのようになっており、説明は「蕪の
一種の酢茎菜を塩漬けにしたもの。京都の特産である」とある。また、例句の中では、井
上弘美さんの句だけが「酸茎」という字を使っている。
 京都の人は「酸茎」あるいは「すぐき」という字を使い、「酸茎菜」という名前が京野
菜である。京都の漬けものを紹介するときには、「すぐき」は、「蕪の変種の酸茎菜を塩
だけで漬け込んだ、日本では珍しい乳酸発酵の漬け物で、冬の季節限定のもの」というよ
うに書く。地元の人は、酢茎とは書かない。漬け物の袋などには「すぐき」とあり、説明
には酸茎菜を漬けたとある。
 ウィキペディアの「すぐき」には、「すぐき(酸茎)、または酸茎漬」とあり、「京都
市の伝統的な漬物(京漬物)の一種。カブの変種である酸茎菜、別名酸茎蕪の葉とかぶら
を原材料とする。現代の日本では数の少ない本格的な乳酸発酵漬物で、澄んだ酸味が特
徴」というようにある。「酢茎」という単語はどこにも出てこない。同じく「京野菜」の
項を見ても、やはり「酸茎」が入っている。
 ところが、季語の説明を検索すると、「酢茎」という単語がたくさん出てくるが、その
説明のウェブサイトに紹介されている「しば久」の説明が「上賀茂名産すぐき漬(酸茎菜
)」となっている。その後に出てくるそうそうたる俳人の詠んだ例句は「酢茎」というよ
うな文字が使われている。これを見ていると、どうやら「酢茎」という字をはやらせたの
は、俳人ではなかろうかと疑いはじめた。
 二〇一四年一二月七日に上賀茂神社で行われたのは、JA上賀茂支店の「京の上賀茂す
ぐき倶楽部」の農家約二〇人が参加して、約三〇キロのすぐきを詰めた樽を担いで、無事
に収穫が済んだことへ感謝し、来年の豊作を祈願した。それは「すぐき奉納」であり、初
漬の「すぐき」を神前にお供えして感謝を捧げたのである。一の鳥居から、神職、巫女、
先太鼓、すぐき神輿が二基、二の鳥居をくぐって境内に入り、最後は「すぐき」を参道の
人たちに配った。
 以上のようなことから結論として、珍しい乳酸発酵の酸味が一番の特長であるから、
「酸茎」という字をあてるべきだという説を、私は採ることにした。ただし、商品に使わ
れている「すぐき」という表記も大切にした方がいいと思っている。

番外2回【桜】 夜桜 里桜 薄墨桜

 熱海にあるヒマラヤ桜の特徴は、広い三角形の五枚の萼である。ヒマラヤが起源と考え
られており、一一月には蕾が膨らみ、冬にみごとな花が咲く。花には蜜が多く、果実は大
きく食用になり、幹からガムが採れ、また、種はアクセサリーになっている。
 ネパール国から贈られたこの桜の現存する原木は、県立熱海高等学校門前下の法面と、
月見が丘公園に一本ずつあり、若木は熱海市内に数本ある。
 ヒマラヤ桜は二酸化炭素や窒素酸化物の吸収率が、染井吉野の五倍ほどあり、将来が注
目されている。このヒマラヤ桜のことは、東京農業大学の染郷正孝さんが書いた「サクラ
の来た道」に詳しい。
 神話では、桜は木之花咲耶姫が富士山頂から種を撒いて広まったとされている。染井吉
野の花がよく付くのは樹齢一五年から五〇年、しかも管理が必要である。蘖から増やすの
で、全国の染井吉野がクローンで、同じ気候条件で一斉に咲く。江戸彼岸をもとに昔京都
で生み出された枝垂桜は長寿で、全国に名木が多い。
 沖縄では緋寒桜の花見を愉しむ。この花は風雨に負けず長く咲いた後、花ごと落ちる。
沖縄では緋寒桜が咲くのに必要な寒さが足りず、寒波の南下を待って咲くので、桜前線が
沖縄本島北部から離島へと南下する。

番外1回【鴨かも】 真鴨 鴨の声 鴨の陣

「あれは鴨でしょう?」「いや、鴛鴦じゃない?」というような会話が吟行地でよく聞か
れる。
 東京の大手壕にある「カモ類」の説明に「お壕には秋の深まりとともに、キンクロハジ
ロやハシビロガモ、オシドリなどのカモが訪れて、冬を過ごします。春になると、子育て
のために旅立ちます」とある。
『角川合本俳句歳時記第四版』には「鴨」という季語の説明に「鴨は雁と同じガンカモ科
に属しているので、形や習性が似ている。鴨類のうち、真鴨・小鴨・葭鴨(よしがも)・尾
長鴨・嘴広鴨(はしびろがも)などは河川や湖沼で、鈴鴨・黒鴨などは海上・江湾・荒磯な
どで見られる。秋、雁と同じころに飛来し、春に北方に帰る。(中略)鴨は冬の間狩猟が
許されている」とあって、さらに「鴛鴦」という季語の説明に「ガンカモ科の留鳥で、山
間の渓流や山地の湖などに棲息しており、雄の美しい色彩によって知られている。(中
略)鴛鴦は留鳥だが、ほかの水鳥にまじって、冬に見かけることが多いので、冬の季語と
なっている」とあるので、俳人たちにとっては「鴨」と「鴛鴦」とは異なる鳥である。
 分類学で、カモはカモ目カモ科の鳥類の中で、大きさが雁以下、首が短く、冬の繁殖羽
で雄雌の色彩が異なるものの総称とされており、カモという名称の群は存在しない。大手
壕の説明は、この分類学上の説明である。
 鴨鍋は葱と煮る。昔は芹と煮て臭みをとったという。真鴨は冬、脂が載ってとても美味
しい。葱を背負って来るのはこの真鴨であるはずだが、最近、アヒルか合鴨で済ませるこ
とも多い。