天眼 京都新聞


「チンパンジーと俳人の視点」(2014年11月9日)
「デザインを育てる」(2015年1月21日)
「藝術立国之碑」(2015年4月7日)
「祇園祭と貞観の大災害」(2015年6月28日)
「海城地震予報の成功から40年」(2015年9月13日)
「TK1からラインスタンプまで」(2015年11月29日)


 チンパンジーと俳人の視点                    2014年11月9日    尾池和夫(京都造形芸術大学学長)   犬山の日本モンキーセンター(一九五六年設立)が、二〇一四年四月一日、公益財団法人 日本モンキーセンターとして新たに発足した。隣の京都大学霊長類研究所、京都の京都大学 野生動物研究センターと連携して、附属世界サル類動物園を運営する。このセンターの視点 は「サルを知ることがヒトを知ること」である。生きた霊長類の世界最大のコレクションも 自慢の一つである。  この動物園の所長は、霊長類研究所でチンパンジーのアイたちの研究を続ける松沢哲郎さ ん、博物館長は、京都大学第26代総長の山極寿一さん、動物園の園長は、ボノボの研究で知 られる伊谷原一さんで、さらに5名の博士学芸員が在籍し、獣医、飼育スタッフもいて、各 分野での研究活動を行っている。  文化の日、京都造形芸術大学通信教育部の学生や卒業生のための行事である「秋の収穫祭」 が、この動物園の中で行われて私も参加した。松沢哲郎さんに「想像するちから」という講 義をお願いした。人間とは何かを考えるために、ヒト科4属のヒト属の外から、つまりチンパ ンジーの研究から人間を見ようというのが松沢哲郎さんの研究の目的である。  チンパンジーは、過去の思い出、未来への悩みというようなことを示す行動や現象を見せ ないという。アイは絵を描くのが好きで、餌がなくても絵を描く。チンパンジーの顔の輪郭 を描いた絵を、チンパンジーに与えると、たどって同じように輪郭を描くだけであるが、人 の子どもは、輪郭の中に目鼻口耳を描き加えるという。人だけが、今ここにないものを思い 浮かべて描くという力を持つ。かわりに、アイの短期記憶力がすごい。たった0.5秒見せた 数字の順番を、コンピュータ画面でたどることができる。人には絶対にできない能力を短時 間に発揮する。  私の講義は「四季の地球科学」で、俳句を詠むとき「3現則」を大切にするという話をした。 現場へ行く、現象を見る、現在を詠む、という「3現則」である。その話をしていて気づい たことは、チンパンジーも俳人も、同じように現在を切り取って活動するということである。 写真家も瞬間を切り取って一枚の芸術作品を完成する。俳句も、瞬間を切り取って短詩形の 文芸を成立させる。  人間は過去にこだわり、未来を案じ、人間関係に悩む。チンパンジーは想像して悩んだり、 チンパンジー関係に悩むことなく、瞬間を愉しく生きる。チンパンジーは絶望しないし、明 日のことを悩まない。俳句の達人たちが、妙に元気で長生きしているのを見るのだが、その ことの背景を、チンパンジーの生き方から学んだような気がして、「秋の収穫祭」の一日を 愉しく過ごすことができた。


  デザインを育てる                  2015年1月21日   尾池和夫(京都造形芸術大学学長)  私のいる大学は芸術系の大学である。さまざまの分野があるが、全体で議論する課題も たくさんある。年頭の教職員総会では学長として挨拶する。今年は「デザインを育てる」 という課題を掲げて、皆で大いに議論しようと呼びかける挨拶となった。京都造形芸術大 学のデザイン系五学科の教員たちが議論して、「デザインを育てる」という合い言葉で大 学のデザイン教育の理念を示そうという方針が、この日報告され、大学全体に意見を求め ることになったのである。  この議論のきっかけは、Dアンドデパートメント(D&D)を経営するナガオカケンメ イさんが、京都造形芸術大学の教授になったことである。彼は、京都の街中でロングライ フデザインの品を売ることによって学生のデザイン教育を行うという方針を打ち出した。 それを実現するため、うれしいことに真宗仏光寺派のご理解が得られて、仏光寺の境内の 店が実現したのである。このD&Dを準備する過程で、学内でのデザイン教育の理念の議 論が重ねられた。  ナガオカケンメイさんは、「いつの時代も変わらない価値のある普遍的なデザイン」を 「ロングライフデザイン」と呼ぶ。土地に根ざしたデザインを求めて、各地にカフェとシ ョップを置き、デザインの魅力を広める。仏光寺の境内での開設は、その十店目に当たる。 彼は、自分を「デザインをしないデザイナー」という。新聞社の賞を受けて代表作品を出 せと言われたとき、それに出す自分の作品がなかったと言って笑わせる。昨年秋、D&D の内覧会の日、私は開会の挨拶を求められた。その時、境内の約三十坪の「和合所」の建 物を活かしたショップと、カフェと食堂を開設する「茶所」の前にある大銀杏の落葉が、 季節感いっぱいに積もっているのを見て、それをもとに挨拶することにした。  京都盆地には、百万年前からの活断層運動による分厚い堆積層に地下水が豊富にあり、 そこに都ができた。仏光寺の境内の銀杏は、最新の氷期を生き延びてきた植物で、ここに 大樹として立っている。そのような大地の仕組みと、それを生み出した地球の歴史こそが、 私たちが恩恵に預かっている、まさに「ロングライフデザイン」そのものではないだろう か。そのような地球に迷惑をかけないよう、大地を傷めないように暮らすのが、私たちの 基本である。地球の歴史から考えて、いずれ人類も絶滅期を迎える。絶滅して化石になっ た時、戦争の痕やごみの山を残すと恥ずかしいから、美しい化石を残すことを今から心掛 けようと、私は大学の講義で学生たちに呼びかけることにしている。  仏光寺のD&Dの店内には今、食品や書籍など四〇〇点ほどの品が並んで、来客を待っ ている。このデザイン群は、将来きっと美しい化石になるにちがいない。


     藝術立国之碑    2015年4月7日    尾池和夫(京都造形芸術大学学長)  四月五日、山形市にある東北芸術工科大学の入学式に招かれて祝辞を述べた。式典の壇 上には満開の啓応桜が活けてあった。今年は早く北上しているとはいえ、まだ染井吉野の 桜前線は、東北の海に近い仙台や新潟までしか来ていないという日であった。  この大学の小高い場所に、黒御影石の巨大な碑があって「藝術立国之碑」と刻まれてい る。同じような碑が、四月二日に私が入学式の式辞を述べた京都造形芸術大学にもあり、 両大学の創設者、故徳山詳直氏の建学の理念が、「宇宙の神秘に平伏せ、地球の偉大さに 畏れを抱け、生きとし生きる命を愛し尊べ」という三行で刻まれている。  その碑が二年ほど前に建って除幕式に立ち会ったとき、最初に私が聞いたのは、その巨 大な石材の産地はどこかということだった。即答はなかったが後日、南インドの石材だと わかった。同じ石材の大きな碑が他の場所にあるのを以前見たことがあり、それが南アフ リカから来たということを聞いた。それで、たいへん関心を持ったのである。まして刻ま れた言葉に「地球の偉大さ」とあれば、なおさら石材の由来に関心があったのである。  南インドと南アフリカに同じ黒御影と呼ばれる巨大な石材が産出するのは、昔、ゴンド ワナ大陸にあった岩盤が、大陸が分裂して、一方は南アフリカに残り、もう一方はインド 洋のプレートに乗って北上し、ユーラシア大陸に衝突して今のヒマラヤ山脈を生み出した という歴史を意味している。さらに、いずれの地にも大地震が起こらないために岩盤に割 れ目ができないので、日本と異なり、巨石が採取できるからである。  インド大陸の衝突は地球全体に大きな影響を与えた。例えば太平洋プレートの運動方向 が四三〇〇万年前に大きく変わって、ユーラシアプレートの下に潜り込むようになったた めに、日本海が拡大して今の日本列島ができた。恐竜が絶滅した六五〇〇万年前よりもず っと後のことであり、今の生物の祖先が繁栄した地球の歴史の中の出来事であるから、そ れをしっかり理解した上で、この碑の言葉を考えることが大切だと私は思っている。  この碑の建立がきっかけとなって、宇宙の始まりから、太陽系の誕生、地球と月の誕生、 人類の登場、そして巨大地震が発生し、火山が噴火し、大津波が起こるという日本列島に 人が住むという歴史を、芸術を志す学生たちに正確に伝えたいと考えるようになった。  そのための一つの手段として一冊の漫画本を作る準備をしている。学生たちには、地球 の自然をしっかり理解した上で、作品を創作してほしいと思っている。「藝術立国」の理 念は、芸術の力で戦争のない世界を実現させたいという理念である。人に平和が大切だと 思わせるだけの力を持つ、そのような芸術作品を生み出す人に育ってほしいと願いながら、 きらきらと目を輝やかせる新入生たちにお祝いの言葉を述べた。


   祇園祭と貞観の大災害                 2015年6月28日  尾池和夫(京都造形芸術大学学長)  活断層盆地の山背に建設された平安京は、世界的に見ても珍しい城壁のない都として長 く栄えた。平安京が置かれて間もなく、日本列島は地震と噴火と津波の活動期となった。 その歴史が、日本の正史『六国史』の六番目、『日本三代実録』にある。  八五〇年出羽国地震、八六三年越中越後地震、八六四年富士山噴火、阿蘇山噴火、八六 七年鶴見岳、阿蘇山噴火、八六八年山崎断層の地震、そして東日本の巨大地震である八六 九年貞観地震、続いて八七一年鳥海山噴火、八七四年開聞岳噴火、八七八年相模武蔵地震、 八八〇年出雲地震、八八七年には南海トラフで仁和の巨大地震が起こり、八九三年、朝鮮 半島の白頭山が噴火して東北から北海道にまで降灰があった。  一方、祇園祭は御霊会から始まったと言われている。御霊会は、『日本三代実録』にあ る貞観五年五月二〇日、神泉苑で朝廷によって行われたのが初見の史料と言われている。 その御霊会が、祇園社の名で明確に記録されているのは貞観一一年六月七日で、神泉苑に 六六本の矛を立て、六月一四日、神泉苑に祇園社から神輿を送ったと『祇園社本縁録』に ある。  この貞観一一年の御霊会と同じ年に東日本の巨大地震が起こり、大津波による災害があ った。御霊会と巨大地震との時間的な関係から、両者に深い関連があったという推測が成 り立つ。当時、形を整えた街を構成する地域は、京、東北の多賀城、九州の大宰府だけで あったから、大津波による多賀城の被害は、京にも大きな影響を及ぼしたにちがいない。  貞観一一年五月は小の月だから二九日までであり、矛を立てた貞観一一年六月七日は多 賀城の五月二六日の津波災害から一〇日目になる。京と緊密な関係にあった多賀城は、 「京を去ること一千五百里」とあるから、おそらくは五日もあれば知らせが到着したであ ろうと思われる。陸奥国で起きた大災害を知ってから、朝廷が六月七日の御霊会の勅令を 発することができたと考えられる。  日本で初めて地震の歴史が系統的に掲載された『日本三代実録』を編修したのは、菅原 道真たちであった。菅原道真は、貞観二年に一五歳で元服、一八歳で文章生試験に合格し、 貞観九年、文章生中で特に優秀な文章得業生となり、方略試(議政官資格試験)を受ける 資格を与えられたという。その方略試は貞観一二年に行われ、「氏族を明らかにせよ」と いう問題と「地震を弁ぜよ」という問題が出された。大学者の都良香による採点で「中の 上」という成績により道真は及第した。この、国の最上級職を争う人たちのための試験問 題から見ても、試験の前年に貞観地震が発生するまでの日本列島で、地震や噴火が目立つ 現象として認識されていた状況が十分に伝わってくる。  八〇〇年代の大活動期の再来と言われる日本列島で、今年も間もなく祇園祭が行われる。


   海城地震予報の成功から40年     2015年9月13日  尾池和夫(京都造形芸術大学学長)  初めて私が中国を訪れた1974年からすでに40年以上がすぎた。今年8月、その40年の歴 史を思いながら、内蒙古自治区の大草原を旅する機会を得た。内蒙古は北はモンゴル国や ロシア連邦に接し、面積は日本の約三倍ある。漢民族が人口の80%以上だが、モンゴル族 も400百万人を超え、モンゴル国よりも多い。東部の克什克騰(ヘシグテン)旗の首府で ある経棚鎮へ、8月19日、北京から車で北へ、張家口から北東へ合計10時間の旅をした。 車を自ら運転した案内役は、中国漫画学会会長の陶冶氏とヘシグテン旗出身で北京市で環 境保全の分野で活躍する王徽氏である。  首府の経棚鎮のホテルに地元の方々が集まって歓迎宴である。モンゴル服の男女が羊の 丸焼きとともに登場し、私たちを舞台に呼んで儀式を始める。スカーフを肩にかけ、大き な椀の馬乳酒に指を浸して天に捧げ、また指を浸して地に捧げ、三度目は自分の額に当て て羊に十字を切り皆で乾杯する。そして演説が始まっては強い白酒で乾杯する。  早朝に出て大草原で休みながら奥地へ車を進めた。野生の小麦が実り草花が咲き、羊や 牛が車の前を横切る。街の名が「熱水温泉」という文字通り熱水の出るホテルで乾杯を繰 り返す。満点の星空を見たいとの思いで来たのだが乾杯の末に寝てしまった。  内蒙古の三日目は私のため、ジオパークの阿斯哈図石林を見学した。阿斯哈図(アスハ トゥ)はモンゴル語で「険しい峰」の意味で花崗岩の石林である。石林は克什克騰旗北の 山麓にあり、経棚鎮からの距離は105キロである。南部は黄崗梁国家森林公園に接して、 全体が克什克騰世界地質公園と呼ばれている。  中国を1974年に初めて訪問したときいちばん驚いたのは、河北省で地震予報を実践して いるということだった。翌1975年には、大規模地震である遼寧省の海城地震の段階的な予 報に世界で初めて成功した。段階的というのは、数年の長期予報をもとに観測を強化し、 中期予報で防災活動を実施し、短期予報で避難準備をして、2月4日の大規模地震直前には、 厳寒の東北で市民を外に誘導するため広場で映画を上映したという流れであった。そのと きの内容を紹介した私の著書『中国の地震予知』が、中国の若者にその貴重な歴史を紹介 したいという陶冶氏たちの熱意で、このたび中国語に翻訳出版された。内蒙古から北京に 戻るとその本が出来上がっていて手にすることができた。  地震予報の成功に影響されて私も地震予知の研究を行い、その中で西日本の地震活動期 が来ることを発表して20年以上になる。京都市では20年前、地震活動期に備えて市民防災 センターの建設を計画し、阪神・淡路大震災のときにはすでに着工していた。そのセンタ ーで今年9月5日、開設20周年記念特別講演で大草原の写真を見せながら、40年前と20年前 のことを紹介し、これからの地震に備えてほしいと、満員の京都の人たちに話した。


   TK1からラインスタンプまで                 2015年11月29日  尾池和夫(京都造形芸術大学学長)  NECのマイクロコンピュータのボードで、電子計算機の体験を個人的に楽しむことから、 今のパソコンの時代まで、常に傍らにコンピュータのある暮らしを続けてきた。それが、 そろそろ40年になるのだから、あらためてパソコンの威力に驚いている。  最初のマイクロコンピュータのボードは、まだ配線が見てわかるような剥き出しのボー ドであった。それがTK-80というトレーニングキットで、それを日本電気 (NEC)が発売し たのが、1976年であった。これは、NEC製マイクロプロセッサを使いこなすための1枚のボ ードに納められたマイコンキットであった。価格が88,500円という、何とか自分で持つこ とのできる範囲であったので、私もそれを買って遊んだ。  そのころ、地震波の理論波形を計算する仕事は大学のために用意された大形計算機を使 って行っており、それとはまったくことなる概念でコンピュータに接する機会がこのマイ コンキットで与えられたのである。  そのキットの流れの上で、8ビットの実用的なパソコンが市場に登場したのが、1980年 代であり、NECのPC-9801シリーズで仕事するようになり、論文をワードプロセッサで書く ようになって、それ以来、仕事では今までに数百台のパソコンを購入することになった。  そのパソコンで通信ができるようになるのは、日本では遅かった。アメリカでは通信が どんどんできるようになっているという話を興味を持って聞いている状態が続いたが、つ いに1988年の夏、私も自宅のパソコンを電話線につないで通信をすることになった。NH Kが、パソコンネットであるテレスターに加入して、サイエンスQという名で電子掲示板 を開設した。取材の対象となった人たち30人ほどがその会員となった。私のIDも担当者か ら送られてきて、モデムをつなぎ、通信用ソフトを購入してパソコンネットに参加した。  パソコン通信ができたことがうれしくて、さまざまのことを実行した。何分その頃はパ ソコン通信などは珍しいという状況で、年配の人たちの話題は、メールを送るたびに「さ きほど電子メールを送りました」という電話をかけてくる人がいたり、ファクスがつなが って送った人が「送っても送っても戻ってくる」と言いながら繰り返して送信して、相手 は十枚も受け取ったという話があったりする頃だから、パソコン通信で楽しむのは、まだ ましな方だと思った。 『ASAHIパソコン』の29号が届き、1周年記念の懸賞レポートに応募した「手作り の本」が入選して、賞金1万円を貰ったこともあった。  1995年1月17日の午前5時46分、震度5でとび起きた。それからが大変な状況 になり、何とか着いた京都大学理学部の研究室には、取材の人たちが押しかけ、テレビで の解説も忙しかった。若い研究者が大規模地震の直後、きちんと研究活動ができるように するため、私がマスメディアの対応を一手に引き受けることにした。大震災の発生でパソ コン通信のNIFTY-Serve は、「地震関連掲示板(教えてください)」を増設した。時事通 信がリアルタイムで記事を流しているので、それをすべて手元のパソコンに遺すことにし たが、後日これを6冊の冊子に製本して保存することにした。  パソコンの初期には、突然画面が真っ黒になってセットし直したり、ワードプロセッサ の誤変換でおもしろい言葉が生まれたりした。後者はいまだに「うそペディア」と名付け て私のファイルに蓄積されている。  パソコン通信の掲示板から、ミクシー、ツウィッター、フェイスブックと、さまざまな ネットワークに参加し、クラウドを利用し、最近では連絡はラインを使うようになった。 ラインのスタンプがおもしろいので自分でも作ろうと、京都造形芸術大学の大学院生にデ ザインしてもらって「学長ナマズ」を登録した。私の家族もよくパソコンを使うが、息子 が「その歳でよくやるよ」と言ってくれる。妻も俳誌『氷室』の編集作業で、いつもパソ コンに向かって仕事している。これからどのようにパソコンが進化していくのか、楽しみ でもあり不安でもあるという歳になった。
最初のページへ